家族

皆が狙っている格安ホテル|サイトから賢く予約しよう

  1. ホーム
  2. 増加する理由

増加する理由

婦人

故きを温ねて新しきを知る

旅行を趣味とする人は多く、一人旅や家族旅行、グループ旅行など様々な娯楽として広く広まっています。とくに日本を知る意味でも国内旅行はバスツアーやホテル、旅館とコラボしたものまで、たくさんの企画が旅行会社から出されています。円安の影響もあり、国内旅行の人気は高まっています。その理由の一つは歴史の影響が考えられます。戦国武将や城などを愛するいわゆる「歴女ブーム」もあるように、自分の好きな武将や土地を訪れ、過去の出来事に時代を越えて触れる体験というのは、旅行ならではの醍醐味の一つと言えるでしょう。また、国内旅行を計画する人の中には、自分の国をもっと知りたいと考える人が多いのも理由に挙げられます。自分の訪ねたことのない名所を巡ることで、仕事へのモチベーションや価値観の変化をもたらすこともあります。海外旅行に比べ時間やコストがかからないため、手軽に旅行を楽しめるという点でも、国内旅行は魅力の大きな娯楽といえるでしょう。

国内旅行の今度の動向について

国内旅行の今後の動向を考える上で重要な要素は、個人消費と連休日程です。まず個人消費に関してですが、いよいよベースアップが本格化し賃金アップの裾野が広がっています。企業業績が好調でボーナスも期待できるため所得がアップし個人消費の増加につながるでしょう。また円安基調が続きそうですので旅行先としては国内旅行が有望です。まだまだ節約志向が続いているように感じますが、実際に賃金アップを実感することによって、国内旅行に行く人は増加するはずです。さらに、9月中旬のシルバーウイークと呼ばれるところで五連休があり、日程的にも国内旅行の増加を後押しする可能性があります。あとは天候による部分が大きいですが、天気が良くなれば大きな伸びが期待できるでしょう。